肩こりや肌荒れは、血液とリンパ液の流れがポイント!

★キレイの要素をタップリご紹介★ ハーブ&herb

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わずか8歳で初潮がくる? ホルモンバランスに注意!

【わずか8歳で初潮?!】この現実をどう感じますか?
 
おはようございます、keiです。

~キレイの要素~ として
タイトルで驚いた方もいらっしゃるかと思います。

なに? なんのこと?
今現状で起こっている「ジノエストロゲンで初潮が8歳でおきる」

そうホルモンのバランスの調和が崩れると人の成長ホルモンも狂わせてしまいます。

男性ホルモン、女性ホルモン。。。
それぞれのホルモンのバランスは、常に私たちの体を保っています。

そのホルモンのバランスを「食事」が原因で崩れると聞くと
少し・・・いえ、とても不安になりますよね。

無意識で、現代人は何かしら「不安」と「恐怖」を持って生活しています。
「もう年だから、どこか調子悪くなっても当たり前・・・」
「ストレス多い社会だから、みんな同じ環境・・・」
「最近、なぜか体がだるい・・・眠れない」

私の経験から
それは、ホルモンのバランスが崩れている「サイン」です。

外的ストレス、内的ストレス。。。

まずは、食事を取り上げてみます。
野菜・果物は、輸入品も含めて、国内でも<農薬>を使用しています。
肉類(牛・豚・鶏)も、成長ホルモン剤の一杯入った肥料を食べています。
魚類

農薬、除草剤、水の質が悪ければ、
勿論、水銀やメタルの重金属(メタルが、体内へ入り蓄積されればなかなか排出できない)が増えて、
炎症、うつ、ホルモン疾患、発ガン性の影響もあります。

水が良いと言って、真夏の暑い35度を越えるトラックで輸送されれば、
ボトルは半解けの状態で、安いボトルに使うプラスチックが溶けて、水に入っていきます。

ホルモン剤の投与の牛のことや、養殖される魚のえさが、
安い遺伝子組み換えのとうもろこしだと知ることも第一ですが

まずは、危険性の知識を持ち、絶対に手をつけないと考えなければいけないと思います。

エサとなる「成長ホルモン剤」が、人の成長ホルモンの中に入り
幼い子供のあるべき成長ホルモンの調和とバランスを崩し

わずか8歳で初潮がきます。。。

成人した大人であっても違った形で、様々な症状が現れてきます。
ホルモンとしては、イライラする、眠れない、頭痛、ひざ痛、高血圧、コレステロール
尿酸、糖尿病、鬱、ノイローゼ・・・すぐにキレル!

自身のホルモンの調和が崩れる「サイン」を見逃さないようにしてみませんか?

●体内へ入れる、栄養素だからこそ良い物を使う
●ムードがコントロールできない?


<サプリメントの選び方10のポイント>

・原材料が、天然かどうか。(合成は問題あり)
・原材料の出身地を知ること。追跡チェック
・添加物の記載ラベルをチェック。(できれば内容量をも確認)
・1個の量に対しての「成分量」をしっかり知ること。
・製造方法や製造過程を確認して、細菌と毒素などの厳選管理。
・温度調整
・賞味期限
・製造会社は、同社で研究者を保持しているかどうか。
・製造会社の信頼関係と歴史を知ること。
・製造会社の管理とクリデンシャルが揃っているかどうか。

ご参考にして頂ければ、幸いです。。。
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  1. 2010/09/16(木) 08:39:59|
  2. 食事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。