肩こりや肌荒れは、血液とリンパ液の流れがポイント!

★キレイの要素をタップリご紹介★ ハーブ&herb

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日焼けなんてへっちゃら~ 人間光合成でピッカピッカ?!

 ~キレイの要素~ 【光合成】日向ぼっこで骨が育つ?!

こんにちは、keiです。
タイトルの【光合成】。。。

そう、植物だけではなく、人にも「光合成」が必要なんです。
太陽の光を体いっぱいに浴びて
ビタミンD3を蓄えましょう!

将来の自分を意識して
~キレイの要素~とたっぷり補充し

年を追うごとに元気になる体づくりが基本ですよね。

【ビタミンD3】・・・骨を丈夫にしてくれるビタミン
・骨の健康、カルシウムの利用、および肺の健康心血管で重要な役割を果たしています。

・ビタミンD 3の欠陥は、
 骨粗しょう症、関節炎、がんや糖尿病の病を発症して、欠乏によるリスクはとても高いものです。

・カルシウムとビタミンD3が揃って、より骨の成長や発達を促します。
 カルシウムは「腸」ではなかなか吸収しにくものなので、ビタミンD3の力を借りて吸収へとつなげます。

・カルシウムは、体全体の99%が「骨」にありますが、残りの1%が「血液と筋肉中」に必要なので
 そのバランスを保つために「ビタミンD3」が必要になってきます。

・摂 取 : 食品として、動物性のもので、魚類や卵類があります。
       魚類の中でも鮭、しらす、カレイ、いわし、にしん、肝油などの食品
       

 「骨」の成長を考えてみると私はとても不思議だな~って思っていました。

 年々、人は体が大きくなり、背も伸びるのに…なぜ「骨」がこんなに大きくなるのかなって・・・

 そうなんですよね。
 「骨」が成長すると古い「骨」のカスはどこへ行くと思いますか?

 顔の肌のお手入れをしていると角質が取れて、スベスベになるのと同じで
 「骨」も成長して発達すると古い骨の成分はどこへいくのでしょう?

 肌は、角質をボロボロと取り除き、ゴミ捨てにポイッと捨てるだけですが
 体の内部にたまる「カス」は一体どこへ行くのでしょう。

 そうなんです!
 そのカスたちが、老廃物や重金属物質、化学物質となって不要なものなんです。

 では、毎日、毎分、毎秒・・・
 ミクロ?ナノ?にまで至るとどれだけ体の内部にたまっていることなのでしょうね。

 その老廃物は、血液やリンパ液を通って、ろ過され
 便や尿に変化し、体外へ排除されていきます。。。

 きちんと骨の成長へのカスを取り
 新たな骨の細胞の成長と発達をより【D3】で補助し

 しっかりした「骨づくり」を今の今から行動していって下さると
 とても嬉しいです☆



●可愛いチャームでオシャレ度アップ↑「Alex Woo」って知ってる?
スポンサーサイト

テーマ:美と健康! - ジャンル:心と身体

  1. 2010/09/27(月) 16:15:38|
  2. エネルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。