肩こりや肌荒れは、血液とリンパ液の流れがポイント!

★キレイの要素をタップリご紹介★ ハーブ&herb

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重金属ガタパーチャ?

こんにちは~ keiです。

今日は、重金属が体にどのように影響するかを
ちょっとお話ししたいなって思います。

歯医者さんの印象としては
皆さん、どのようなものでしょうか?

あの歯を削る音が・・・なんか怖い~
ずっと口をあけているのもどうにかならないかな~
とか・・・

痛まないで、さっと治療が終わるそんな機械が
はやく開発されないかな~とか!

歯医者さんは、あまり行きたくない部類に入りますよね^-^

そんな歯医者さんでの治療で
現在は使用されているところがかなり減っているとは思いますが
水銀アマルガムをご存知でしょうか?

それを使用しているところがどれだけいらっしゃるのか
ちょっと分かりませんが・・・

この水銀アマルガムや根管治療の怖さをちょっと豆知識として
お伝えしたいと思います。

水銀・・・一目瞭然でお分かりのように「水銀」は体にとっては悪ですよね!
その水銀を歯の治療として、かぶせている方は多いのではないでしょうか。

口の中は、食べ物を入れる最初の入り口!
その入り口は、温かいものも冷たいものも色々な栄養を入れる最初の入り口☆

その入り口の「噛む」過程は、「歯」ですよね!
その歯は、噛み砕くことが仕事なので、水銀アマルガムで被せをしているのですが
知らず知らず、古くなったり、削れたりして、体の内部へと入っていきます。

一番最初に、歯医者さんへ治療に行き、水銀アマルガムをかぶせていたのは
何歳の時でしょうか?

その年齢からずっとアマルガムの溶けたものが
あなたの体に入っていったとイメージするだけで怖いですよね~

だって、細菌やばい菌などそして水銀と血液から前進へと老廃物が肝臓そして
腎臓へと流れて、腸へと溜まっていくのですから。。。

被せた水銀アマルガムの中では、根管治療が施されていて密封状態ですが
どうしても歯茎の隙間が出来てくるので「菌」が入り

密封されてところは「ばい菌」のベストな住みかと化し
繁殖を増進していきます。。。

その繁殖した「菌」は、根管治療された神経の隙間をぬって、血液やリンパ液から
体内へと進み、繁殖を進めながら流れてきます。

免疫低下もこの事態からも原因とされています。

この流れの原因を含めて、「脳」へと進み
アルツハイマーの原因の一つに「重金属」と言うものがありますし

食事の調理器具でもある「テフロン加工」された鍋やフライパンにも
その要因がはびこっています。

焦げ付いて剥がれて、その剥がれたものが体内に!
または、光熱によって溶けたものが体内に!

まあ、考えすぎるとストレスになりますが、私たちの生活には
どうしてもそのようなものが、多くなってきています。

便利になっていいのですが
失うものもあることに気づくか気づかないか・・・

気を付けて意識をもつか、持たないかで
現代病を少しでも予防できると思っています。。。

これからの健康社会は、今よりも気を付ける方が増えてくることは確実☆

その一歩でも早く、「気付く」ことを私は、お伝えしたいと思っています。

短期的結果を欲しますか?
それとも
長期的結果を踏まえて、今!生活習慣を考え、実行しますか?


【あなたの体は、あなたの食べたものから作られている】・・・習慣と循環!!!

じっくり考えてみませんか。

スポンサーサイト
  1. 2011/01/24(月) 20:37:30|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。