肩こりや肌荒れは、血液とリンパ液の流れがポイント!

★キレイの要素をタップリご紹介★ ハーブ&herb

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目薬の恐怖

こんにちは、keiです。

今日はとても冷えます・・・明日はかなりの雪が降り
寒さもピークに入ってきましたね。

新型インフルエンザも予想とは反して
昨年よりも余り騒がなくてもいい感じですが

地域によって差があるのかも知れまさん。。。


さてさて、免疫力アップでどんな季節でも
かなりの健康を保てることを学ぶと、生きていることが楽しくなります。

それは
自身の体と対話し、コントロールできてくるからだと思います。

勿論、実感でお話ししています*^-^*


そこで、今日は
私のアルバイト先の調剤薬局での出来事をお話ししますね。

そばで聞いていて、なんか変だなおかしいなって思ってしまったので
私のメルマガを購読してくれているあなたにお伝えしたいと思いました。


例えば、「ドライアイ」

パソコンなどの画面を見ていて、瞬きの回数が異常に少ないと
「網膜」が乾燥して、悲鳴を上げちゃいます。

なんとなく、分かりますよね。

口も開けたままだと喉の内部が乾いて、カラカラになったことってないですか?
経験したことのある人は、きっと「ああ~、あるある」って思っていただ毛ますよね。


まあ、そんな感じで「目が乾燥」します。
それがひどくなると「瞼の裏にある眼を守る潤滑油を出す穴」があるのですが

そこがカラカラになって、瞬きするのが「痛く」なるんですが

その場合出される目薬は2種類あります。
用途は、その油分を出させるために「穴」を広げるための目薬

そして
その目薬をした後、「穴」が空きっぱなしになって
うるおい油分がダダ漏れになるのを防ぐ、「穴」を引き締める目薬

どう思われますか?

眼が痛いから、いますぐどうにかしてって言う
「短期的欲求」を満たすだけの「目薬」なんですよ。


原因もわからずまま。。。出される目薬!

きっとその人は、応急処置は受けたけれど、
原因が解明されずに症状が治まりますが

根本的な治療にはなっていないですよね。

眼がSOSを出しているのに「原因」を無視していると思いませんか?

そして
もうひとつ!

目薬の種類よっては「ステロイド」が入っているものもあります。

かゆみを抑えるためにステロイド入りの目薬を処方さえることがありますが
眼圧上昇や角膜の感染症に注意が必要だと言うことも

知ってほしいと思います。。。

スポンサーサイト
  1. 2011/01/27(木) 22:25:30|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。